トップページ

京都あちこち写真集 かみやすめ

vol.11 京都府立植物園

京都の植物園の歴史はたいへん古く、大正13年(1924年)に一般有料公開されています。面積は約24万平方メートル。植物を通しての自然科学研究、生涯学習の拠点として、また憩いの場所として親しまれています。今は、バラがまっさかり。洋風庭園に足を踏み入れると、バラのいい香りに包まれます。

アリウム・ギガンチウムは巨大なネギボウズのようで、並んでさいている様子はとてもユーモラス。はなしょうぶ園も今が見頃。ここでは、250品種、3000株ものハナショウブが次々と花を咲かせています。

入口から
入園すると気持ちもゆったりとします。
アリウム・ギガンチウム
アリウム・ギガンチウム
なぜか、どれも右に傾いています。
バラ バラ園
バラ
バラ
多くのアマチュアカメラマンが、バラを撮影していました。
ごつい望遠レンズで接写、これが基本姿勢でした。
バラ
バラ
噴水
バラ園
花菖蒲 花菖蒲
庭園 黄色い花
盆栽 盆栽
木々 木々
芝生
時には、こんな広いところに来てボーとすることが必要やなーと、思います。

2002年6月撮影

Googleマップを確認